施工とQ&A

施工の流れ

ここでは外壁及び屋根の塗装の手順をご紹介します。

1.高圧バイオ洗浄

塗装に入る前に、まず外壁・屋根を水洗いします。
水圧により劣化した表面の苔、旧塗膜を削り取ります。
その際、サッシ周りや玄関土間、塀なども洗浄します。

2.養生工事

塗装をしない場所、サッシ周りや床にカバーをして塗料が付かないように保護します。

3.外壁下塗り

アレスホルダーZという下塗り塗料をぬります。
水性反応効果樹脂により下地との付着性に優れた耐久性のある塗膜を形成します。

4.外壁中塗り(上塗り1回目)

セラMシリコンⅡ上塗り1回目塗装をします。
1回目は塗残し防止のためと、迷っている色を試し塗りするため、2回目とは違う色で塗ります。
セラMシリコンⅡは耐久性、耐薬品性、耐候性に優れた塗膜性能を発揮し、防カビ、防藻性を有しています。

5.外壁上塗り(上塗り2回目)

お客様の決めた色で上塗り、セラMシリコンⅡの2回目を塗っていきます。

6.屋根下塗り(2回塗り)

素材の表面を再強化し、水の吸い込みを止めるため、「Mシリコンプライマー」を塗付、素材と一体化させます。

7.屋根塗り(2回塗り)

弱溶剤反応系アクリルシリコン樹脂塗料「ヤネMシリコン」を塗付することにより、雨水をはじき水分などをシャットアウト、長期間に渡りツヤ・色を美しく保つことができます。

8.鉄部下塗り

ザウルスEXという錆止め塗料を塗装します。
付着性に優れる特殊変性エポキシ樹脂を使用し優れた防食性を発揮します。鉛・クロムフリーで環境に配慮した優しい塗料です。

9.鉄部上塗り

スーパーシリコンルーフペイントという塗料を使用します。
2液のシリコン樹脂を用いることで、鉄部塗料の中ではトップクラスの耐候性・耐久性を保持します。

施工事例

屋根・外壁塗装工事

お客様のお悩み

ハウスメーカーで3回も塗ってもらったが、塗料が剥離し一向に直らず、ひび割れ・黒カビが年々ひどくなっていた。


解決法

  1. まずは古い塗料を剥がします。
  2. ボード補強強化を目的とするシーラーを2~3回塗り、浸み込ませます。この溶剤は窯業ボードに対し浸透性が高く、空気に触れると6時間後に無色透明の液体から樹脂のように固まります。
  3. 防水力の高い弱溶性の下地塗料を塗ります。
  4. 仕上げはセラMシリコンを使って仕上げます。


施工前(上)・施工後(下)

予算(屋根+外壁)

足場代 1式 130,000
養生費 1式 60,000
下塗り ホルダーZ塗装 2回塗り 750,500
上塗り セラMシリコン塗装 2回塗り 893,400
ご契約金額 ¥1,833,900

外壁塗装+瓦工事

お客様のお悩み

屋根・外壁・軒裏・雨樋の劣化がひどく、内部に水が回っており、錆びていた。


解決法

下塗りの状況、痛み方によって種類が異なりますが、傷みや歪みをまず直してから塗装を行います。

  1. 瓦は全体の歪みを補修し、割れていれば交換、緩んでいれば締め直します。
  2. どろが抜け落ちている棟の歪みは漆喰を詰め、サッシ廻り、壁の割れ、ボードの継ぎ目・歪みはビス打ち等で雨漏りを直します。
  3. その後通常の塗装に入ります。


施工前(上)・施工後(下)

予算<外壁塗装>

足場代 1式 142,000
養生費 1式 60,000
下塗り ザウルスEX 塗装 1回塗り 430,000
上塗り ルーフペイント塗装 1回塗り 710,000
小計(1) ¥1,342,000

<別工事>

屋根 瓦締直し工事 1,200,000
小計(2) ¥1,200,000
小計(1)+(2) 2,542,000
屋根同時割引 1割引 -254,200
足場移設のため足場無料 -142,000
ご契約金額 ¥2,145,800

よくある質問

吹付け塗装とローラー工法塗装はどちらがいいの?
まず吹付け塗装ですが塗料の選択に制限があり、ほとんどの工事は水性塗料を使用します。
水性塗料の1番の欠点は全く防水力がありません。
防水力のない塗料を塗る事は、機能性からみて全く無意味な工法だと考えます。
一部の塗料には吹付け塗料でも防水力を発揮する塗料も存在しますが、非常に高価なので一般化していないのが現状です。
もともと吹付け塗装は新築施工時において施工するのが一般的です。

水性塗料を使うのは、住宅の新築後、主材である木が乾燥して収縮変形するのを見越し、約10年間を目安に再塗装を考えた上での仮塗装だからです。
それをリフォームの工法として吹付け塗装するのは無意味な施工です。
そこで当社はローラー工法による関西ペイントのアレスホールド工法(特許 第2610085号 JIS A 6909)を基軸に外壁リフォームを施工しています。従って吹付け塗装は一切いたしません。
又、仕上げで使用するセラMシリコン塗料は関西ペイント最上級の塗料で防水力と共に撥水力が発揮され、水は通さないが空気は通すと言う塗料です。
金属サイディングと塗装はどちらがいいの?
金属サイディングは主にガルバリウム鋼板(アルミと鉄の合金やアルミニウム合金を骨材にして内部にウレタンをくっつけた建材)です。
これは第一種市街化区域において可燃性がある為、施工が禁止されています。外壁とは防火の非可燃性と耐震力のあるものが本来の目的です。
また施工時においては痛んだ外壁に2,000~4,000本くらいの釘を機械で打ち込むので、その衝撃に耐える事が出来ず本来の目的である耐震性を失います。
金属サイディングが施工後強風により壁から無くなっている所をよく見かけますが、それでは雨漏りや結露と言った問題も必ず起きます。
どうして雨樋まで工事するの?
外壁の塗装時期は雨樋も著しく劣化しています。
たとえば雨樋工事を単独で行う場合、約40~50坪の建物で30~40万+足場代を負担しなくてはなりません。
弊社では外壁塗装時に足場を建てますので、外壁塗装後お客様がもう一度雨樋だけのために足場代金の負担をしなくて済むよう同時進行で進めさせていただきます。
塗装と雨樋を単体で考えた場合よりも大幅なコストダウンが図れ、何よりお客様の為だと考えます。
自社施工ってどんなメリットがあるの?
大手を含む及びハウスメーカーを含め、通常リフォーム会社は100%外注です。一般的に言う下請け会社です。その為、会社の利益を追求するのはもちろん、低予算で外注業者に施工を迫るのが一般的です。
当社も営業マンはいますが、自社施工のメリットを生かす事により、お客様と一体化して施工管理上の問題解決とコストダウンにつなげ、お客様の身になって工事を進める事を第一に考えています。つまり他社と比べると低予算のご提案が可能なのです。
足場代は?
足場は本来施工するための便宜上お客様に負担していただくものですが、できる限りお客様の負担をなくす為に、近くの現場の足場を移設することを行っていますので、約8割の方に足場の料金を半額にさせていただいています。
なぜ4回も塗るの?
塗装の目的は防水力と機能性を上げるため施工上欠かせない工法です。
見た目を美しくするだけであれば吹付けのように1、2回でいいのですが、下塗り2回は浸湿性と水切れ、上塗り2回は防水性と耐久性のためです。
なぜ機能性塗料、耐熱塗料を使うの?
塗料の一番の劣化の原因は紫外線です。耐熱塗料はほぼ100%近く紫外線を跳ね返す力を持っています。
これにより塗膜の飛躍的な耐久力を得る事ができ、結果的に夏は涼しく冬は暖かい外壁に生まれ変わりますので、お客様にとって耐久力と言う点でも良い結果が生まれます。
木部塗料は何を使うの?
伝統的な日本の民家は外部に白木部分が存在します。木材部分は劣化も早く汚れやすい素材です。
施工経験上いろいろな木部塗料を試してきましたが、現在最高と思われるオランダ製のシッケンズ、アメリカ製のキシラデコール、ヨーロッパ製のノンロットを適切に使いながら、10年間の保証に耐えうる施工をさせていただいています。